Kyusyu

テレビに流れているマティスの番組を見ている。美術番組というのは、これは美術館も同じことなのだけれど、期待して待ち構えて見るような場合それほど感心しないことがほとんどである。たまたまテレビを見ていたらマティスとか、旅行中に目的を見尽くして仕方なく美術館に行ったらまさにこれだよ、というほうが心を動かされることが多い。

テレビではマティスの赤色を探っていて、マティス自身もマティスの絵を見ている僕たちも色の感じかたは人れぞれなんだなと、あらためて思う。現実的に、他人の目を借りてものを見ることはできない。それぞれの世界観に共感したり何したりしている。

九州に行ってきた。冬の九州の光は僕には黄色味が強すぎて、とくに逆光のときには目がチカチカするくらいだ。その光が黒緑色の常緑樹の葉を照らしているものだからコントラストが強すぎて、まったくの平穏という気持ちではいられない。サングラスをかければよいのかもしれないけど、僕はサングラスをかけると天気が気になってしかたがなくなり、平穏ではいられなくなるのである。青空の彩度が無くなって曇り空に見えるから、そろそろ雨が降ってくるんじゃないだろうかととても不安になる。人それぞれだと思うけど、みんなそんなこと無いのだろうか。

New Year

2001 / 3/27 – 4/1

関連記事

  1. Blog 52nd week

    2019年は後半になってから、趣味のほうにも時間を割くようにしてき…

  2. Blog 42nd week

    秋の台風。ここ須賀川市でも、大きな被害がありました。我が家は影響な…

  3. New Year

    新年おめでとうございます。亥。今年は かたち の美しさを意識して…

  4. 8th Week

    作品を削っている時間が増えてしまって仕上がりが遅くなり、本焼成も予定より大幅…

  5. 10th Week

    庭の福寿草がきれいに咲いた。ここ2.3年は作品制作に追われてしまって、庭の面…

  6. 9th Week

    本焼成で白く焼き上げた磁器に、上絵の具を塗る。絵を描くというよりも、色面をつ…

  7. 7th Week

    だいぶ形はよくなってきたかなと思う。削る工程は好きな工程だから、苦もなく…

  8. 11th Week

    好きな物事を作品に投影するのって、なかなか難しい。食器としての制約のせいなの…

PAGE TOP